TikTokキャンペーン事例6選|種類・成功ポイントを解説

TikTokキャンペーン事例6選|種類・成功ポイントを解説

Date : 2024/06/26

本記事では、TikTokキャンペーンの事例を6つピックアップし、その成功ポイントなどを解説していきます。
キャンペーンを成功させる上で欠かせない3つの要素も紹介しているため、これからキャンペーンを実施する方はもちろん、なかなか良い企画が作れずお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • TikTokキャンペーンの種類
  • TikTokキャンペーンの成功事例
  • TikTokキャンペーン成功に求められるポイント

本記事に関連した、Tiktokを活用したプロモーション事例の資料を
無料で配布しております。
ご興味のある方はぜひ、下記よりダウンロードしてご覧ください。


Tiktokキャンペーンとは

TikTokキャンペーンとは、「『#○○』で投稿して豪華賞品をゲット」「フォロー&コメントで○○をプレゼント」といったように、特定のアクションをしたユーザーに抽選で商品やサービスを提供する広告戦略のこと。

企業としては、拡散力の高いTikTokを活用することで、自社の認知拡大や商品・サービスの購買促進を効果的に実現することができます。

<関連記事>
TikTok運用代行ガイド|業務内容・費用・会社の選び方を解説
TikTok運用事例6選|企業アカウント成功のコツ・実施の流れを解説

Tiktokキャンペーンの種類

TikTokで実施されているキャンペーンは、主に以下の3種類に分けられます。

1. プレゼントキャンペーン

商品やサービスなどのプレゼントを用意し、ユーザーの応募を促すキャンペーンです。
最も基本的なキャンペーン方法で、「TikTokキャンペーン」と称されるものの多くは、このプレゼントキャンペーンを指します。

該当アカウントのフォローと、いいねやコメントなどのアクションを応募条件とする「フォロー&いいねキャンペーン」「フォロー&コメントキャンペーン」から、応募完了後にすぐ抽選結果が表示される「インスタントウィンキャンペーン」、ライブ配信を視聴した人が応募できる「ライブ配信キャンペーン」まで、そのやり方にも様々な形があります。

2. ハッシュタグキャンペーン(ハッシュタグチャレンジ)

「指定のハッシュタグを付けて動画を投稿すること」を応募条件とするキャンペーンです。
応募者の中から抽選で商品やサービスなどが当選する点は1の「プレゼントキャンペーン」と共通していますが、こちらはユーザー自ら動画投稿する必要があるため、ややハードルが上がります。

TikTokが扱うのは「ショート動画」ですが、短時間で楽しめるエンタメ性の高いコンテンツが主流という特性もあり、ハッシュタグを使ったダンスやゲームなどのチャレンジ企画は相性◎。
TikTokはコンテンツの面白さ(エンゲージメントの高さ)を基準にリーチが伸びていく「コンテンツベース」のアルゴリズムであるため、ユニークなチャレンジ企画は瞬時に拡散される可能性も。自社商品・サービスの知名度や評価が上昇する可能性も高まります。

なお、ハッシュタグキャンペーン(ハッシュタグチャレンジ)と類似するものとして「指定した楽曲やエフェクトを使って動画を投稿すること」を応募条件とする「楽曲使用(エフェクト使用)キャンペーン」もあります。

3. インフルエンサーを活用したキャンペーン

インフルエンサーに商品やサービスのレビュー動画を作ってもらい、それをPR動画として活用したり、ダンスチャレンジに参加してもらったりと、インフルエンサーを中心に展開していくTikTokキャンペーンです。
近年、特に10代や20代の消費行動を大きく左右する存在となったインフルエンサー。(年代別の消費行動について詳しくはこちら自社商品・サービスジャンルと親和性があり、かつ自社のターゲット層の価値観に近いファンを持つインフルエンサーと一緒にキャンペーンを実施すれば、より大きな効果が期待できます。

Tiktokキャンペーン事例6選

ここからは、企業のTikTokを活用したキャンペーン事例を紹介します。

フォロー&コメントキャンペーン事例|ユニクロ【公式】

40thユニクロ感謝祭TikTokキャンペーン

@uniqlo_jp

祝・40周年🎉ユニクロギフトカード¥3,000を40名様にプレゼント🎁みんなのエモいエピソード待ってます😊※6/2(日)まで⏰#プレゼントキャンペーン #ユニクロ #UNIQLO #ユニクロ感謝祭 <応募規約> 株式会社ユニクロ(以下、「当社」)が運営する企画「40thユニクロ感謝祭TikTokキャンペーン」(以下、「本企画」)につきまして、以下の応募規約(以下、「本規約」)ならびに当社のプライバシーポリシーに同意いただいた上でご応募ください。 本企画への参加を希望する方(以下、「応募者」)は、下記「応募方法、当選について」の項目1、2を実施することをもって本規約に同意したものとみなします。 <応募期間> 2024年5月24日(金)18:00~2024年6月2日(日)23:59 <応募方法、当選について> 1.ユニクロ公式TikTokアカウント「@uniqlo_jp」をフォロー 2.応募期間内に当社の指定するTikTokキャンペーン投稿に「ユニクロとの思い出」をコメント 3.上記条件を満たすアカウントの中から当社で40名を選定し、2024年6月6日(木)に当社の指定するTikTokキャンペーン投稿のコメント欄にて、当選コメントに当選した旨を返信いたします。(返信した方を以下、「当選者」)※弊社の偽アカウントにご注意ください。 上記日程、上記方法以外に当社からキャンペーン参加者の方へ、当選の連絡をすることはございません。また、ユニクロ公式TikTokアカウント「@uniqlo_jp」には公式バッジ(水色のチェックマーク)が付いておりますので、公式バッジのない類似アカウントにはご注意ください。 4.当選者は、応募したアカウントからユニクロ公式TikTokアカウント「@uniqlo_jp」へ、2024年6月13日(木)までにダイレクトメッセージをお送りください。お送りいただいたダイレクトメッセージに返信する形で、プレゼント発送先等の個人情報入力フォームをお送りいたします。 ※ダイレクトメッセージを受信可能な設定になっているアカウントのみが対象となります。 5.ダイレクトメッセージに記載されている賞品の発送先情報の入力フォームへ期限内にアクセスいただき、必要事項をご入力ください。ご入力いただいた情報にもとづき、賞品を発送させていただきます。 ※非公開アカウントからのご応募は無効となります。 ※複数のアカウントを利用してのご応募はお控えください。 ※1つのキャンペーンに複数のアカウントを使用してご応募した場合(複数のアカウントを使用した同一の応募者からのご応募を確認した場合)は、1アカウントのご応募のみを有効とし、それ以外のご応募は無効といたします。 ※同一住所における応募者の重複当選(同一の住所への発送は1回のみ)は無効となります。 ※賞品の発送完了前に、ユニクロ公式TikTokアカウント「@uniqlo_jp」のフォローを外した場合、応募コメントを削除した場合、自身のアカウントを非公開、または削除した場合、応募時のアカウント名から変更した場合、ダイレクトメッセージを受信可能な設定になっていない場合、ご応募・当選は無効となる場合があります。 ※期間内に手続きを完了いただけない場合、入力情報に不備があり賞品のお届けができない場合、当選は無効となります。 ※賞品を配送後、宛先不明、当選者による受取不能または拒否、保管期間経過その他の理由により当該取得賞品が配送されず、弊社に返送された場合、当選は無効となります。 ※当選者の再選定は行いません。 ※本企画へのご応募および当選時のご連絡等により生じる通信費は、応募者のご負担となります。 ※一部のインターネット環境ではご応募いただけない場合がございます。 ※未成年の方は、保護者の同意の上でご応募ください。本企画へのご応募をもって、全て保護者の同意を得たものとみなします。 ※当社及び関連会社の従業員(正社員・パートタイム・アルバイトを問わず)は応募できません。 ※当選権利の第三者への譲渡、賞品の交換・返品等はできません。 ※賞品の発送先は日本国内に限ります。 <賞品について> ユニクロギフトカード3,000円分を40名様にプレゼント ※賞品の発送は2024年6月下旬頃を予定しております。 <応募投稿内のテキスト・画像・動画の利用について> 応募投稿内のテキスト・画像・動画の著作権を含む知的財産権並びに肖像権は応募者及び画像・動画内の方に帰属しますが、応募者は、本企画への応募をもって、応募投稿内テキスト・画像・動画を、当社が、当社の運営するウェブサイト、UNIQLOアプリ、本企画にかかるウェブサイト、当社SNS公式アカウントやメルマガに転載し、または複製、編集、加工(他の投稿作品と組み合わせて使用することを含みます)する権利を無償で許諾(当社が委託する第三者に再許諾する権利を含みます)したものとします。また、応募者は、当社の使用に際し著作者人格権を行使しないものとします。 <免責> 当社は、応募者・当選者が本企画をとおして、他のお客様または第三者に対して損害や不利益を与えた場合であっても、一切の責任を負いません。 当社は、当社に故意または重過失が存する場合を除き、本企画の利用・中断・遅延・停止・終了により応募者に生じたトラブル・損失について、いかなる責任も負いません。 当社が損害賠償責任を負う場合も、応募者が直接被った損害を上限とし、あらゆる種類の間接的損害その他の派生的損害(逸失利益を含みます)について責任を負いません。 <本企画・本規約の変更> 当社は、本企画の全部または一部を、応募者に事前に通知することなく変更または中止することがあります。 当社は、本規約の全部または一部を、応募者に事前に通知することなく変更するほか、本企画の適正な運用を確保するために必要な措置を取ることがあります。 変更後の応募規約は、本規約画面上に表示した時点で効力を生じるものとします。 <個人情報の取り扱い> 当社は、本企画の運営に際し知り得た当選者の個人情報を、当選結果の通知・賞品送付・本キャンペーンに係わるお問い合わせ対応の目的で取得します。取得した応募者の個人情報は、プライバシーポリシー(https://faq.uniqlo.com/articles/FAQ/privacy)に基づき、適切に取り扱います。 当社は、本企画の抽選および賞品発送業務委託のため、株式会社ベルシステム24、株式会社パルディアに取得した応募者の個人情報を提供いたします。 <お問い合わせ先> メール:uniqlo-sns-campaign@uniqlo.co.jp ※お問い合わせいただく内容や日時により、回答までお時間をいただく場合や、回答できない場合もございます。 ※応募状況や当選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。 ※本企画のお問い合わせ対応は、2024年7月26日(金)までとさせていただきます。あらかじめご了承ください。 なお、本企画は、TikTok Pte. Ltd.、 Apple Inc.、 Google Inc. と一切関係ありません。 以上

♬ Prelude from the athletic meet’s classic opera “Carmen”(1197916) – Yuji Okazaki

■キャンペーン概要
株式会社ユニクロ
<条件>アカウントをフォロー後、「ユニクロとの思い出」をコメント
<賞品>ユニクロギフトカード3,000円分 40名様
<応募期間>2024年5月24日~2024年6月2日

高品質・低価格のカジュアルブランド「ユニクロ」を運営する株式会社ユニクロは、創業40周年を記念したフォロー&コメントキャンペーンを実施。
フォローしてコメント、というシンプルな応募ステップでハードルが低い上、共感を集めやすく、ユーザー同士で盛り上がりやすい「思い出」というお題を提示したことで、大きな盛り上がりを見せました。キャンペーン動画のいいね数は1万1500件を超え、コメント数も900件越えを記録しています。

またユニクロは、2019年に実施したハッシュタグキャンペーンも反響を呼んでいました。ユニクロのTシャツ(UT)を着用して動画を撮影。そこに指定された楽曲とハッシュタグ「#UTPlayYourWorld」をつけてTikTokに投稿すると、当選者は「UTグローバルインフルエンサー」に選出されるというもの。
2週間という短い期間であったにもかかわらず、動画投稿数は約20万件を記録しました。

クリエイティビティを刺激する自由な応募形式や、日本だけでなく、アメリカ、台湾、フランス、中国で同時開催されているという点も、異文化交流欲の強い若い世代の興味を刺激したのではないでしょうか。
結果として、「UT」ブランドの認知向上と「あらゆる今のカルチャーをTシャツにのせて、世界へ向けて発信していく」という、遊び心あふれるUTの世界観の発信に貢献したキャンペーンです。

ハッシュタグキャンペーン(インスタントウィン)事例|みんなの知育ひろば【クラシエフーズ公式】

みんなの知育ひろば #プレゼントキャンペーン

@chiiku_hiroba

\🎁#知育菓子 セットがその場で当たる🎁/ #推し知育菓子 をつけてTikTok投稿🥰 キャンペーンページで応募ボタンを押すと 抽選で50名様に<知育菓子®の豪華セット>が 【その場で】当たる!🎁 詳しくはプロフィール欄の👀 キャンペーンサイトをチェック📣 #クラシエ #みんなの知育ひろば #プレゼントキャンペーン

♬ オリジナル楽曲 – みんなの知育ひろば【クラシエフーズ公式】 – みんなの知育ひろば【クラシエフーズ公式】

■キャンペーン概要
クラシエ株式会社
<条件>ハッシュタグ「#推し知育菓子」をつけて投稿し、キャンペーンページから応募
<賞品>知育菓子セット 50名様
<実施時期>2023年10月

知育菓子「ねるねるねるね」「ポッピンクッキン」シリーズなどを販売するクラシエ株式会社。同社が運営する「みんなの知育ひろば」の公式TikTokでは、ハッシュタグ「#推し知育菓子」をつけて投稿し、キャンペーンページから応募すると、当選者に知育菓子セットをプレゼントするという企画を実施しました。

応募ボタンを押すだけでその場で当落がわかる、手軽なインスタントウィン形式のキャンペーンということで大きな反響を呼びました。キャンペーン動画のいいね数は9,600件を超え、コメント数も700件越えを記録。応募の手軽さで好反応を得た事例です。

エフェクト・ハッシュタグキャンペーン&インフルエンサー活用事例|森永製菓株式会社

Let’s HI-CHEW キャンペーン

■キャンペーン概要
森永製菓【公式】
<条件>オリジナルの「ハイチュウエフェクト」で撮影したダンス動画を投稿
<賞品>日本(渋谷スクランブル交差点)、米国(タイムズスクエア)にて動画放映 1名様
<応募期間>2023年8月1日〜2023年8月15日

チョコレートやクッキーといったお菓子から健康食品まで、多数の人気商品を展開する森永製菓株式会社。
同社のロングセラー商品「ハイチュウ」のうち、アメリカで販売していたフレーバー「HI-CHEW fantasy mix」が“全米人気1位”を獲得したことを記念し、日本でも「ハイチュウアソート<ファンタジーミックス>」として同商品を発売することに。
そのプロモーションの一環としてTikTokを活用したダンスキャンペーンを実施しました。

指定のエフェクトを使用して自由にダンスする、というシンプルな応募ステップでありながら、優勝者には、渋谷のスクランブル交差点とアメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアの大型ビジョンで動画を1日間放映という、非常にビッグな特典を用意。
日本だけにとどまらないグローバルなキャンペーン特典が、将来インフルエンサーを目指す若い世代の興味を引き、大きな反響を呼びました。
ABEMATV「今日、好きになりました。」に出演歴のある、あいささんをはじめ、Z世代に人気の10名のインフルエンサーによるお手本ダンス動画も、キャンペーン応募を後押ししていました。

エフェクト・ハッシュタグキャンペーン&インフルエンサー活用事例|クリニーク(CLINIQUE)

「#3秒でごきげんskin」キャンペーン

@y.rua0515

しっかり保湿されてるんだけどベタつかずもっちりする!おすすめすぎる❤️💗🥺#3秒でごきげんskin#モイスチャーサージー #クリニーク #pr

♬ モイスチャーサージでごきげんskin – CLINIQUE

■キャンペーン概要
クリニーク ラボラトリーズ
<条件>指定したエフェクトで撮影した動画を、ハッシュタグ「#3秒でごきげんskin」をつけて投稿
<賞品>優秀賞:モイスチャー サージ ジェルクリームの現品
<実施時期>2022年10月〜2022年12月

スキンケアブランド「クリニーク(CLINIQUE)」を運営するクリニークラボラトリーズは、人気の保湿アイテム「モイスチャー サージ ジェルクリーム」をイメージした独自のエフェクトを使った、エフェクト・ハッシュタグキャンペーンを実施しました。
エフェクトは、モノトーンの状態から、指示されたポーズを真似していくうちに色づいていき“ごきげんがチャージされる”というユニークな演出で、スキンケアで得られる楽しい気持ちを表現。

コロナ禍のソーシャルディスタンスや百貨店の休業により、ユーザーとブランドの間にできてしまった距離感を縮めることを目的に実施されたキャンペーンでしたが、
美容系インフルエンサーへもエフェクトを使った投稿を依頼したことで、親近感のあるブランドイメージの構築に成功しました。

ハッシュタグキャンペーン&インフルエンサー活用事例|ahamo(アハモ)

「#新生活ダンス」キャンペーン

@ahamo.official

ahamoWEB動画「新生活ダンス 踊ってみた篇」 Dancer / BE:FIRST(RYOKI・SHUNTO・RYUHEI) #BEFIRST #新生活ダンス #ahamo #U22

♬ 新生活ダンス – ahamo

■キャンペーン概要
株式会社NTTドコモ
<条件>新CMの楽曲に合わせ“新生活”をテーマにした動画を撮影し、ハッシュタグ「#新生活ダンス」「#ahamoプレゼントキャンペーン」をつけ投稿
<賞品>デジタルギフト5,000円分 30名様 ※入賞者の中から10名様にCM出演者のサイン入りポストカードもプレゼント
<応募期間>2024年3月1日〜2024年3月31日

株式会社NTTドコモは、携帯電話の格安プラン「ahamo」の公式TikTokにて、ダンス&ボーカルグループユニットBE:FIRSTを起用した新CM楽曲を使った動画コンテストを開催しました。
3月の新生活準備の時期に合わせた企画となっており、“新生活”をテーマに抱負や意気込みを動画で自由に表現するというもの。ダンス動画の投稿はやや難易度が高いものの、デジタルギフト5,000円分とサイン入りポストカードという豪華なプレゼントによって、多数の応募者を獲得しています。

インフルエンサー活用事例|ニトリ【公式】

インフルエンサー広告キャンペーン

■キャンペーン概要
株式会社ニトリ
<実施時期>2023年3月

家具/インテリアの販売を日本全国にチェーン店展開する株式会社ニトリは、新生活に向けた買い揃え需要が高まる3月に合わせ、インフルエンサーを広告に起用したキャンペーンを実施しました。
持ち帰りできる「シングルマットレス(ZEROEM)」、勉強や仕事に使える机「デスクプレフェセット」、冷蔵庫やキッチンなど磁石がつく場所で役立つ「マグネットスパイスラック」など、画像のみでは良さが伝わりにくい商品を中心に、インフルエンサーに使用してもらい、そのリアルな使用感や活用ポイントを動画で紹介してもらうというもの。

商品・サービスと親和性が高く、ターゲット層からの信頼を集めているインフルエンサーを起用したことで、ユーザーの利用意向を高め、実店舗への来店につなげることに成功した施策でした。キャンペーン期間中におけるニトリ店舗での購入者アンケートによると、若年層の来店数が「TikTok」によって、実施前比で2倍に上昇したとのことです。

Tiktokキャンペーン成功のポイント

ここからは、TikTokキャンペーンを成功させるために押さえておきたいポイントを解説していきます。

エンゲージメントされやすいキャンペーン企画

2. ハッシュタグキャンペーン(ハッシュタグチャレンジ)」でも述べた通り、TikTokは「フォロワー数に限らず、優良なコンテンツを評価し、適切なユーザーに届ける」という理念のもと、「コンテンツベース」のアルゴリズムが設定されています。
つまり純粋に、コンテンツが面白いか否かが重要視されるということです。

投稿したコンテンツは一定数のユーザーに配信され、その際の視聴態度やエンゲージメントが機械学習されると、また次のユーザーへと配信。“高い評価”を得られたコンテンツはフォロー・フォロー外関係なくレコメンドされ、より多くのユーザーに再生される流れとなります。

TikTokとInstagramの違い①:新しい出会いを作るアルゴリズム

したがってTikTokでは、いかにコンテンツへの視聴態度やエンゲージメントを高くつけられるかが重要であり、そこを第一に考えたキャンペーン企画・制作が求められます。

この点、「○○をしている動画を投稿してプレゼントをゲット」「商品を使っている動画を投稿してキャンペーン応募」といったチャレンジ型・ユーザー参加型のキャンペーンは、能動的なアクションを促すことができ、エンゲージメントの向上につながります。特にダンスチャレンジ系のキャンペーンは、手本となる動画の視聴完了率や保存率の向上も見込めるでしょう。
「フォロー&コメントで○○をプレゼント」といったライトなキャンペーン企画であっても、ストーリー仕立てのクリエイティブやショートドラマなど、ユーザーの注意を最後まで引きつけるコンテンツを用意するとエンゲージメントが伸びやすく、より拡散力が高まります。

TikTokのメインユーザー層であるZ世代、若年層への理解

TikTokユーザーは近年、幅広い世代に広がりつつありますが、やはりメインとなるのは若年層、特に10代のZ世代です。

NTTドコモ モバイル社会研究所がおこなった調査によると、TikTokの利用率は10代で最も高く、55.0%。InstagramやX(旧Twitter)よりも、10代と他の年代との利用率の差が大きいことがわかります。また、テテマーチでおこなった調査では、10代のうち51.6%がTikTokを毎日利用していることが明らかに。

TikTokのメインユーザーが10代であることを踏まえると、やはりキャンペーン企画においても、若年層の消費行動や価値観への理解が重要になってきます。

若年層、特にZ世代へのアプローチとして重要なのは「自分ごと化」、つまり「自分にフィットしている」「自分向けだ」と感じてもらうこと。
Z世代は情報リテラシーが高く、情報収集能力に長けた世代であるため、様々な情報を駆使して商品・サービスを調べ上げ、それが本質的に自分にとって価値があるか否かを判断するのが得意です。商品・サービスが自分の価値観にフィットしないと感じたら、たとえそれが有名なマスブランドであってもスルーしてしまいます。(詳しくは「Z世代マーケティングとは?新消費行動モデルEIEEBと事例で解説」

さらに、TikTok公式がおこなった「Z世代白書2023 〜自由に自遊するZ世代〜」では、以下のようなデータも。

Z世代のTikTokユーザーのうち

  • 62.2%が「企業発信の情報に色々『裏』がある」と認識
  • 50.7%が「動画をよく飛ばしながら見る」と回答
  • 52.2%が「もっと色々な人とつながりたい」と回答
  • 60.8%が「知らない分野や世界にも触れたい」と回答
  • 91.8%が「自分の感性や感覚を磨いていきたい」と回答

Z世代の中でも特にTikTokユーザーは、情報リテラシーや情報スルー力がより高く、また他者との交流を通して視野を広げ、成長していきたいという欲も強いことがわかります。

Z世代から共鳴されるインフルエンサーとコラボしたり、商品のメリット・デメリットの両面をさらけ出す“誠実”なコンテンツ(「裏」もしっかりと見せるコンテンツ)やユーザー同士で活発な交流・議論ができる参加型コンテンツをキャンペーンに絡めたりと、Z世代の価値観をしっかりと理解した企画を立てることで、より良い反応が得られるでしょう。

キャンペーン参加メリット・参加条件の設定

商品・サービスの認知拡大や購買促進など、キャンペーンの目的達成に向け、より多くの反応を得るためには、①条件を緩和し応募ハードルを下げる、②応募のステップをシンプルにする、③ターゲット層の興味・関心に沿った魅力的なインセンティブ(参加メリット)を用意する、この3つが基本です。

前述した「TikTokのメインユーザー層であるZ世代、若年層への理解」にも関係しますが、③の参加メリットについては、商品などのプレゼントにするよりも、CM出演権利や広告掲載権利といった若年層の承認欲求を満たすものにする方が効果的な場合もあります。
自社のターゲットやキャンペーン目的に合わせ調整しましょう。

まとめ

本記事では、キャンペーン成功に向けた様々なポイントや成功事例をご紹介してきました。若い世代をメインユーザーとするTikTokでは、キャンペーンの効果を最大限に発揮するためだけでなく、炎上リスクを軽減するためにも、やはり若年層への理解は最重要です。

テテマーチは、Z世代特化型のマーケティング機関「lookey」を有しています。
「lookey」は、Z世代の社員と大学生インターンによる“リアルな感性”と、テテマーチが持つ“論理性”を掛け合わせ、企業のZ世代マーケティングを包括的にサポートしていくというもの。
Z世代の価値観や感性に基づくSNSコミュニケーションやクリエイティブ制作、トレンドを捉えたプロモーション企画立案などを得意とするテテマーチに、ぜひTikTokキャンペーンもお任せください。

本記事に関連した、Tiktokを活用したプロモーション事例の資料を
無料で配布しております。
ご興味のある方はぜひ、下記よりダウンロードしてご覧ください。

Share on

コラム一覧に戻る

動画でSNSを学ぶ

募集中のイベント情報