ハッシュタグ分析で取得した投稿の同時使用ハッシュタグランキング機能について

2020年6月4日

2020年6月4日、ハッシュタグ分析で取得した投稿の同時使用ハッシュタグランキング機能をリリースしました。

※本機能のβ版はPROFESSIONAL(有料)プランをご利用の方が確認できます。

 

追加機能の詳細

ハッシュタグ分析機能で登録したハッシュタグが付いた投稿に、同時に使用されているハッシュタグの使用頻度や成果を確認できます。

機能名:同時使用ハッシュタグランキング(β版)

実装箇所:ハッシュタグ分析

追加機能の詳細:下記一覧

① 同時に使用されたハッシュタグの一覧

② 同時に使用されたハッシュタグがついた投稿の件数

③ 該当ハッシュタグを使用した投稿の平均いいね数

④ 該当ハッシュタグを使用した投稿の平均コメント数

⑤ 「もっと見る」で上記①~④のデータの抽出期間の指定、項目毎のソート、CSVダウンロード機能

⑥ 同時使用ハッシュタグ内のキーワード検索

※対象はフィード投稿のみとなっており、ストーリーズには対応しておりません。

※2時間に500件のデータを更新しています。投稿ボリュームが多い場合、取得漏れが出ることがあります。

※取得できるデータはハッシュタグ分析機能でハッシュタグを登録しているものが対象となります。

※現在5月1日以降のデータまで取得完了しています。4月以前のデータをお持ちの方は順次データが取得されます。

新機能活用で実現できること

本機能を活用することで、ハッシュタグ分析で登録したハッシュタグがついた投稿に「他にどのようなハッシュタグが付けられているのか?」や、「どのハッシュタグが同時使用された際にいいねやコメントが伸びたのか?」などが可視化されます。そのデータを踏まえ今後自社で使用すべきハッシュタグの選定や顧客・市場の傾向を分析できます。

利用シーン1.UGC(自社口コミ)内の傾向分析

自社のブランド名のハッシュタグを使用して投稿されたUGCについている他のハッシュタグを知ることで、顧客傾向が理解できます。

例)コスメブランドの場合 自社ブランドのUGCについているハッシュタグは、このブランド名が多いや、○○メイクというワードが多いなど顧客分析やハッシュタグ選定に活用できます。

利用シーン2.トレンド分析

自社ブランドに関連性のあるハッシュタグを使用した投稿についている他のハッシュタグを知ることで、トレンド傾向が理解できます。

例)コスメブランドの場合 #アイシャドウがついている投稿には、このブランド名が多いや、○○メイクというワードが多いなどInstagram内の口コミ分析やトレンド理解に活用できます。

SINISについて

SINISは無料でも使えるInstagram分析ツールです。

これまでスマートフォン上でしか確認できず分析が困難だったInstagramのインサイト情報について、PC上でのデータ管理や分析を可能にしました。また、データのCSVダウンロードも可能で、分析やレポート作成の効率を上げることができます。これまで国内20,000アカウントが導入。SINISは、Facebook社の提供するグラフAPI使用しています。

https://sinis.jp/