Twitterの企業活用における課題と成果実感に関する調査を実施| Instagramと比較するとTwitterは“少人数・低予算・短時間”の傾向

2022年5月26日

企業向けSNSマーケティング支援を中心としたビジネス展開をする「テテマーチ株式会社」(本社:目黒区、代表取締役:上田 大介)の研究チーム「サキダチラボ」は、2022年2⽉28⽇〜2022年3⽉11⽇の期間で【Twitterの企業活用における課題と成果実感に関する調査】を実施しました。

調査は当社のメルマガを購読していただいている企業(事業会社・支援会社)のTwitter担当者様を対象にアンケートを行いました。

■サマリー
当社が2021年12⽉21⽇〜2022年1⽉27⽇の期間で行った【企業のInstagramの活用実態に関する調査】と比較するとTwitterの企業活用は“少人数”・“低予算”・“短時間”という結果となりました。

TwitterはInstagramよりも早い段階で日本に普及し日本人にとってもなじみが深いSNSです。また、グローバルで見ても日本人の利用者が多いSNSですが、多くの企業はTwitterのビジネス活用に課題を感じていると考えられます。他のSNSを追随しコマース系の機能実装や、音声メディアの実装などビジネス活用の幅が広がるTwitter。企業はTwitter活用の見直しを検討する必要があるかもしれません。

〇Instagramの企業アンケート調査の比較
・1か月あたりの予算について、【1万円未満】がInstagramは36.5%に対して、Twitterは45.3%。【1-10万円未満】が、Instagramは70.1%に対して、Twitterは84.4%となり、Instagramと比べるとTwitterは低予算で運用されていることが分かった。

・運⽤に関わる⼈数について【1人以下】は、Instagramが25.9%に対して、Twitterは52.8%とInstagramの約2倍となり、Twitterは1人で運用している企業が多いことが分かった。

・1週間の運用時間について、【30分未満~2時間】は、Instagramが29.2%、Twitterは半数を超える63.4%となり、Twitter運用に多くの時間をかけている企業は少ないことが分かった。

〇今回の調査について
・1か月あたりのTwitterにかける予算について、事業会社は【1万円未満】が55.3%と圧倒的に

多い結果となった。

・Twitter運⽤に関わる⼈数について、事業会社は【1〜2⼈】が全体の85.1%を占める。

事業会社と支援会社でみると【5人以上】が運営に関わっているのは、3.7%と少数の結果となった。

・1週間のTwitter運⽤時間について、【30分〜2時間】が37.3%と最も多い。

また事業会社の8.8%は【6時間~10時間以上】をTwitter運用にかけていることが分かった。

・Twitterが自社のビジネスに貢献している度合いについて、11段階評価で、0の【実感なし】が19.8%。10の【非常に実感あり】は2.5%にとどまりビジネスとしてうまく活用できていない企業が多い傾向となった。

■Twitterにかけられる⽉次の予算はいくらぐらいですか?(回答は1つ)

1か月あたりの予算について、【1万円未満】がInstagramは36.5%に対して、Twitterは45.3%。

【1-10万円未満】だとInstagramは70.1%に対して、Twitterは84.4%となり、Instagramと比べるとTwitterは低予算で運用されていることが分かった。

さらに事業会社は【1万円未満】の回答が55.3%と圧倒的に多い結果となり、事業会社のTwitter運用は、低予算で実施されている企業が多いことが分かった。

〇2022年2月 Twitterに関する調査結果

〇2021年12月 Instagramに関する調査結果

■社内で「Twitterアカウントの運⽤」に関わるメンバーの⼈数を教えてください。(回答は1つ)

運⽤に関わる⼈数について、【1人以下】という回答は、Instagramの25.9%に対して、Twitterは
52.8%とInstagramの約2倍となった。逆に【6人以上】という回答について、Twitterは2.4%に対
して、Instagramは11.0%となり、Twitterは少数(1人が多い)で運用している企業が多いことが分
かった。
また事業会社は、【1〜2⼈】の運用者が全体の85.1%を占めることが分かった。

〇2022年2月 Twitterに関する調査結果

〇2021年12月 Instagramに関する調査結果

■Twitterの運⽤にかけている時間は、1週間にどのくらいですか?(回答は1つ)

運⽤にかける1週間あたりの時間について、【30分未満~2時間】との回答は、Instagramが29.2%、
Twitterは半数を超える63.4%となり、企業はTwitterの運用にあまり多くの時間をかけていないことが分かった。
一方、事業会社の8.8%は【6時間~10時間以上】をTwitter運用にかけていると回答していることから、少数ではあるがTwitter運用に力を入れている企業もあることが分かった。

〇2022年2月 Twitterに関する調査結果

〇2021年12月 Instagramに関する調査結果

■Twitterアカウントを運⽤に際し、⽬標設定や注⼒している指標は?(複数回答)

【フォロワー数】が最多の61.5%。次いで【投稿のエンゲージメント率】が36.6%、【投稿のいいね数】と【投稿のインプレッション数】が29.8%となった。

■Twitterが御社のビジネスにおける「成果」に貢献している実感はありますか?
Twitterが自社のビジネスに貢献している度合いについて、11段階評価で、0の【実感なし】が19.8%。10の【実感あり】は2.5%にとどまり、ビジネスとしてTwitterをうまく活用できていない企業が多いことが分かった。

以下、具体的な成果についてのコメントとなります。

〇サイト流入
・エンゲージメントが⾼く、Webサイトへの流⼊数も増加している
・県外(都⼼)からもHPに問い合わせがくる

〇購買
・Twitterを⾒て、予約を⼊れてくる⽅は少なからずいるため。成果に貢献はしているかなと思う。
・フォロワー数も増加しており、それに伴い売上⾼も多少伸びがある点

〇情報収集‧発信
・伝えたい情報をタイムリーに発信できるプラットフォームとして活⽤できている。
・採⽤の側⾯では情報源として⾒てもらえている

〇来店
・配信情報や、機能、取り組みなどをユーザーが⾒ているあるいは拡散することで、来店きっかけには繋がっているとは思うため。
・来場者アンケートの「来場のきっかけ」にSNSが⼀定の割合で⼊っている時。

■Twitter運⽤上の課題として、当てはまるものをすべてお選びください。(複数回答)

【ノウハウや知識が不⾜している】が64.9%と課題意識が最も⼤きい。次いで【兼業状態でTwitterだけに集中できない】が54.4%、【データ分析や考察ができていない】が44.7%となった。

また事業会社では【人手が足りない】が42.1%、【時間がない】が41.2%と高い数値となった。

■Twitterに関する調査概要
表題   :Twitter活⽤実態レポート〜Twitterの企業活⽤における課題と成果実感〜
調査対象 :テテマーチのメルマガをお読みいただいている企業のTwitter担当者様 
調査方法 :インターネット調査
調査期間 :2022年2⽉28⽇ 〜 2022年3⽉11⽇
調査人数 :161名
調査エリア:全国

■Instagramに関する調査概要
表題   : Instagram活⽤実態レポート〜Instagram活⽤における課題と成果実感〜
調査対象 :Instagram分析ツール「SINIS(サイニス)」をご利⽤中の企業 
調査方法 :インターネット調査
調査期間 :2021年12⽉21⽇〜2022年1⽉27⽇
調査人数 :274名
調査エリア:全国