【企業担当者が注目している世代とSNSメディアに関する調査】ビジネスにおいて最も注目している世代は【Z世代】が1位

2022年4月14日

企業向けSNSマーケティング支援を中心としたビジネス展開をする「テテマーチ株式会社」(本社:目黒区、代表取締役:上田 大介)は、2022年3月4日~7日の期間で【企業が注目している世代とSNSメディアに関する調査】についてのアンケート調査を実施しました。

アンケート調査は、企業の経営・経営企画・広告・宣伝・販促・広報・IR・ブランディング・企画・調査・マーケティング職に就く20代~50代の300名を対象に行いました。 

■サマリー

企業が最も注目する世代は、現在の消費の中心世代ではなく次世代の消費の中心となる【Z世代】となりました。【Z世代】と相性が良い思うSNSメディアは【TikTok】となり、【Z世代】=【TikTok】のイメージが強い結果となりました。

一方で、【Z世代】の思考や行動パターンについて把握や理解ができていない企業が多く、今後は、【Z世代】についての理解を深める施策を行い、【Z世代】の特性を理解した上で企業プロモーションを実施できるかが重要となる結果となりました。

・複数回答となるビジネスのターゲットとして注目している世代は、【ミレニアル世代】が49.3%で1位。2位が【Z世代】で46.7%、3位は【ジェネレーションX世代】で45.6%でした。・回答が1つとなるビジネスのターゲットとして最も注目している世代では【Z世代】が26.7%で1位。次いで、【ジェネレーションX世代】が21.3%、【ミレニアル世代】が17.7%となり、ビジネスにおいて【Z世代】への注目が高い結果となりました。

・ビジネス上で注目しているSNSメディアは、【Instagram】が31.0%で1位、【Twitter】が25.3%で2位、【TikTok】が15.3%という結果でした。(回答は1つ)

・Z世代と相性が良いと思うSNSメディアは、【TikTok】が40.3%で1位、【Instagram】が38.3%で2位、【Twitter】が29.7%で3位。(複数回答)
さらにZ世代のユーザーが多いと思うSNSメディアについては、【TikTok】が42.0%で1位、【Instagram】が41.0%で2位、【Twitter】が37.3%で3位。(複数回答)
企業担当者には【Z世代】=【TikTok】という印象が強い結果となりました。                                 

・【Z世代】について企業の情報収集方法は、【インターネット検索】が21.3%、【SNS】が21.3%で1位、【アンケート】が20.0%と続きました

・【Z世代】をターゲットとした際のビジネス上の悩みとして【好みがわからない】が28.7%、【流行の変化が速い】が23.7%、【行動がわからない】23.0%となりました。
企業側がまだ【Z世代】についての行動理解が及んでいない状態という結果となりました。

Q ビジネスのターゲットとして注目している世代は?(複数回答)

【ミレニアム世代】が49.3%。次いで【Z世代】が46.7%、【ジェネレーションX世代】が45.7%となりました。現在の消費の中心世代である【ジェネレーションX世代】・【ミレニアル世代】への関心は高いが、すでに消費の次世代となる【Z世代】への注目も高い結果となりました。

Q ビジネスのターゲットとして最も注目している世代は?(回答は1つ)

最も注目している世代は【Z世代】が26.7%となった。次いで【ジェネレーションX世代】で21.3%、【ミレニアル世代】の17.7%となりました。
次世代の【Z世代】をターゲットとしたビジネスに注目している企業が多いことがわかりました。

〇最もZ世代に注目する理由

・これからの消費を牽引する世代で物心ついた時からスマホがある世代なので(経営/経営企画)
・購買力があり、自分だけのブランドを見つけたいと考える傾向があるから(経営/経営企画)
・今後の主流となる考え方を持っている世代だと思うから(企画・調査・マーケティング)
・ネット世代でもある彼らに照準を合わせた商品を開発しているため(企画・調査・マーケティング)
・これからビジネスのターゲットになるから(経営/経営企画)
・世界的に見てもパイが大きいから(企画・調査・マーケティング)

Q ビジネス上で最も注目しているSNSメディアは?(回答は1つ)

【Instagram】が31.0%。次いで【Twitter】が25.3%、【TikTok】が15.3%。【Facebook】が14.0%となりました。【Instagram】、【Twitter】に続き、SNSメディアとしては後発となる【TikTok】が3位となり、注目が高いことが分かりました。

Q 【Z世代】と相性が良いと思うSNSメディアは?(複数回答)

【TikTok】が40.3%、【Instagram】が38.3%と高く、次いで【Twitter】29.7%となりました。
Z世代は【TikTok】や【Instagram】のような映像や静止画のビジュアルと音楽を組み合わせるSNSメディアと相性が良いというイメージの結果となりました。

Q 【Z世代】のユーザーが多いと思うSNSメディアは?(複数回答)

【TikTok】が42.0%、【Instagram】が41.0%と高く、次いで【Twitter】37.3%、【Facebook】が20.7%となりました。

〇TikTok に【Z世代】のユーザーが多く、相性が良いと思う理由

・これからの社会を知るにはTikTokが情報の一つとなりそうだから(経営/経営企画)
・現行のSNSで最も注目されている感がある(経営/経営企画)
・最近メディアでよく見かける(経営/経営企画)
・若者が好きなSNSだから(経営/経営企画)
・若い世代がやっているから(経営/経営企画)

Q 【Z世代】について企業の情報収集方法は?

【インターネット検索】・【SNS】が21.3%、次いで【アンケート】が20.0%となりました。
【座談会】や【ワークショップ】のような企業が直接、【Z世代】の人の意見を聞くような施策はまだ少ない結果となりました。

Q 【Z世代】をターゲットとした際のビジネス上の悩みは?(複数回答)

【好みがわからない】が28.7%、【流行の変化が速い】が23.7%、【行動がわからない】が23.0%、【流行がわからない】が17.3%と高い結果となりました。
【Z世代】の思考や行動パターンについて把握や理解ができていない企業が多いことがわかりました。

■調査概要

表題   :企業が注目している世代と注目のSNSメディアに関する調査
調査対象 :現在、企業の経営・経営企画・広告・宣伝・販促・広報・IR・ブランディング・企画・調査・マーケティング職に就く20代~50代の男女
調査方法 :インターネット調査
調査期間 :2022年3月4日(金)~2022年3月7日(月)
調査人数 :300名
調査エリア:全国
調査にあたり各世代の定義:ベビーブーム世代(1946~1964年生まれ)
             ジェネレーションX世代(1965~1979年生まれ)
             ミレニアル世代(1980~1994年生まれ)
             Z世代(1995~2009年生まれ)
             アルファ世代(2010年代生まれ)