話題化するPRの裏側SNS起点の統合型マーケティングコミュニケーション戦略

話題化するPRの裏側SNS起点の統合型マーケティングコミュニケーション戦略

動画でSNSを学ぶ

動画概要

消費者の価値観・Z世代の消費行動・メディアの環境変化・プロモーションのあり方など、ブランドが読み解くべき課題は複雑化しています。
いま必要な視点は、変化する顧客の価値観や行動を読み解き、適応する力です。

本セッションでは、ブランドや商品の認知を獲得するために必要な「話題化するPRの裏側」にスポットライトを当てます。

SNS起点で拡がりをつくるプロモーションには、複数の施策を1つのまとまったメッセージの基に統合したコミュニケーション設計が必要です。

SNSやデジタル広告、Webサイト、屋外広告などマーケティング手法が多様化、複雑化してきている中で必要なPRの戦略や成功のポイントをお伝えします。

※フォーム入力後に動画視聴用のURLをメールでお送りさせていただきます。

こんな方におすすめ

・企業のSNS部門ご担当者様/デジタルマーケティング部門のご責任者様
・売上につながるSNSマーケティング戦略を知りたい方
・SNS時代に最適化したコミュニケーション設計を学びたい方

出演者

テテマーチ株式会社
ブランドグロース事業部 ゼネラルマネージャー
小林 憲史

新卒でセールスプロモーション系の広告代理店に入社し、総合広告代理店でのデジタルマーケのプランナーを経て、2021年にテテマーチに加入。 テテマーチ入社後はディレクターチームのマネージャーを務めた後、現在はブランドグロース事業部の事業統括を行う。 業界業種やオンライン・オフラインに関わらず、幅広く企業のプロモーション活動の支援に携わる。

株式会社プラチナム
取締役/第1コンサルティング局局長/ PRディレクター
浜木 駿介

大学卒業後ベクトルに入社。同年プラチナムに出向しPR事業に従事する傍ら、PR TIMES設立時の事業推進も兼任する。その後、アカウントエグゼクティブとして飲料メーカー、エンターテインメント会社、金融企業、化粧品企業、商業施設など、国内外の幅広いクライアントを担当し、戦略プランニングからPRディレクションに至るまで多岐にわたって活動。企業のマーケティング課題解決と社会課題解決の両輪に取り組むマーケティングPRやパーパスブランディングを得意とする。2019年にプラチナム執行役員に、2020年に同社取締役に就任。

役立ち資料一覧に戻る