Instagram分析ツール「SINIS」、ユーザーの口コミや熱量を可視化するファンユーザー分析機能を実装したPROFESSIONALプランを提供開始


2019年10月に有料のSTARTERプランの提供を開始したInstagram分析ツール「SINIS(サイニス)」は、連携アカウント数が16,000件を突破しました。

これまで、SINISは有料版のSTARTERプランでは自社アカウントの分析に加え、競合アカウントの分析機能を提供しておりました。ただ、現在の企業のマーケティング活動におけるInstagramの活用は自社アカウントの育成だけでなくUGCをはじめとした口コミや、熱量の高いユーザーとのコミュニケーションが重要視されています。そこでInstagram分析ツール「SINIS」に新たにハッシュタグの分析とタグ付けユーザーの分析の2つの機能を追加実装しPROFESSIONALプラン[5万円/月]としてリリースしました。

▼新しくなったSINISを使ってみよう!
https://sinis.jp/

▼料金プランはこちら
https://sinis.jp/plan/

PROFESSIONALプラン[5万円/月]で提供可能になる機能について

1.ハッシュタグのベンチマーク登録

指定したハッシュタグをベンチマークし、そのハッシュタグがつけられた投稿の件数、投稿についたいいね数、コメント数の日次推移を確認できます。この機能を利用することで、自社アカウントのフォロワー数とUGCの発生の相関関係を確認することが可能です。また、投稿内容(画像)の確認やどの投稿にエンゲージメントが集まっているかも確認できます。更に、人気投稿欄に掲載されている投稿も記録し、平均いいね数やコメント数も参照できます。

2.タグ付けユーザーの分析

自社アカウントに対しタグ付けや@メンションなど能動的なアクションをしてくれたユーザーを発見できます。この機能を使うことで、タグ付け、@メンション投稿と自社アカウントのフォロワー数の相関関係を見ることができます。また、どのような投稿があるのかだけでなく、どのユーザーがどのくらい能動的なアクションをしてくれているのかも調べることが可能です。

以上。

SINIS PROFESSIONALプランを導入することで、自社に対してポジティブな感情を持っているユーザーの発見や、自社UGCの傾向などInstagram上のファンユーザーを分析できます。「大切な人や大好きなことと、あなたを近づける」というミッションを掲げるInstagramをビジネスで活用する上で、企業アカウントによる一方的な情報発信だけでなく、自社に対してポジティブな感情を持つファンユーザーを知り、関わり方を考えていくことが今後Instagramのマーケティング活用に置いて重要であると考えています。

Instagramの国内ユーザーも3,300万を突破し、Instagramのマーケティング活用が一般化していく中でInstagramマーケティングをブームではなくマーケティング活動の一つの文化として根付かせるべく、今後も新機能の開発を進めてまいります。

※ 本サービスは対象の Instagram アカウントが Facebook ページと連携されている状況のみ利用可能です。
※ SINISはFacebook グラフ API を利用した分析ツールです。

 

【SINISについて】

SINISは無料でも使えるInstagram分析ツールです。

これまでスマートフォン上でしか確認できず分析が困難だったInstagramのインサイト情報について、PC上でのデータ管理や分析を可能にしました。

https://sinis.jp/

 

【テテマーチ株式会社について】 https://tetemarche.co.jp/

2015年6月創業。本社、東京都品川区。代表取締役、上田大介。 2015年9月にInstagram特化型メディア「インスタアンテナ」(https://insta-antenna.com/) を開始。その後、InstagramキャンペーンCMS「CAMPiN」(https://camp-in.jp)、大学生×SNSの口コミサービス「P-conne」(https://tetemarche.co.jp/p-conne/)、Instagram分析ツール「SINIS」(https://sinis.jp/)をリリース。創業時より、身近なマーケットにおいて本質的な価値のある様々なWEBサービスを提供するというコンセプトのもと、盛り上がりを増す新興SNS Instagramに注目。Instagram専門メディアの立ち上げと、サービスの開発に取り組む。

Pocket