カルビー・オルビス・エスエス製薬の担当者と2021年を振り返り 2022年を予測! 『2021年のSNSを振り返る|変遷と事例で知るソーシャルメディアの未来図』をオンライン開催

2021年12月2日

企業向けSNSマーケティング支援を中心としたビジネス展開をする『テテマーチ株式会社』(本社:品川区、代表取締役:上田 大介)は、SNSマーケティングの2021年を振り返り 2022年を予測するオンラインイベント「2021年のSNSを振り返る|変遷と事例で知るソーシャルメディアの未来図」を2021年12月17日(金)に開催いたします。

2021年のプラットフォーム・ソーシャルメディア市場はプラットフォームの進化やコロナ禍による顧客の態度変容など様々な変化があった1年となりました。本イベントでは2021年に起きたソーシャルメディア市場の変化と進化を伝え、戦略と適応力が光ったプロモーション事例をご紹介。

1年間を振り返って見えた動向から、2022年のソーシャルメディア市場のトレンドや、注目しておきたいポイントを予測します。

― 開催概要 ―

【タイトル】    2021年のSNSを振り返る|変遷と事例で知るソーシャルメディアの未来図
【日程】               2021年12月17日(金)13:00~17:00
【料金】     参加者無料
【配信】           オンライン配信(Zoom)
【お申込みサイト】 https://media.tetemarche.co.jp/seminar/211217
【セッション内容】

〇13:00~13:50 『SNSプラットフォームの変遷とこれから』

Instagram・Twitter・TikTokの2021年における変化と進化を振り返ります。プラットフォームのコマース化、ショート・ライトコンテンツへの参入、クリエイターへの還元に向けた動きなど、目まぐるしいアップデートが多数ありました。これらはユーザー行動や市場・経済にどういった影響を与えるか、SNSプロモーショントレンドとマーケティング市場に詳しい3人が、事例・ユーザー・プラットフォームの目線から語ります。
スピーカー:三島悠太、松重秀平(テテマーチ株式会社)
モデレーター:ふくままさひろ(テテマーチ株式会社)


〇14:00~14:55 『カルビー株式会社 じゃがりこのTwitterファンマーケティング戦略』

Twitterフォロワー数、約26万人を誇るスナック菓子ブランド「じゃがりこ」。ブランドならではのファンマーケティング・ユーザーコミュニティ・ブランド体験について、じゃがりこブランド担当の谷澤様と、運用支援に入られている吉田様を交えて、2021年のマーケティング戦略の裏側を紐解き、2022年の方針をお聞きします。
スピーカー:谷澤渓介(カルビー株式会社)、吉田啓介(カラビナハート株式会社)、大鷲伶奈(テテマーチ株式会社)
モデレーター:ふくままさひろ(テテマーチ株式会社)


〇15:00~15:55 『オルビス株式会社 ブランドとしての変革とInstagram戦略』

オルビスの想い「ここちを美しく。」に秘められた、これまでとこれからのブランド変遷について、2021年の公式Instagramアカウント戦略を中心に語ります。「オルビスとは、どのような存在なのか?」ブランドの印象やユーザーとのコミュニケーションを高めるために、どのようにアップデートを繰り返したのか。Instagramを通じて、ブランド体験を向上するために行なった戦略について、お伝えします。
スピーカー:小嶋一平(オルビス株式会社)、松重秀平、石渡将利(テテマーチ株式会社)
モデレーター:三島悠太(テテマーチ株式会社)


〇16:00~16:55 『エスエス製薬株式会社 TikTokを通じたハイチオールCのブランド体験』

TikTokプロモーションで、1億4,000万回以上再生された「ハイチオールC」ハッシュタグチャレンジ企画。ブランド担当として日頃の課題から、何がきっかけとなり今回の企画に至ったか、プロモーション企画の背景を深堀ります。これまでのブランドイメージと異なる体験創造に向けて活動した1年間と、2022年以降のこれからのソーシャルメディア方針を理解できる1時間です。
スピーカー:平川梨絵(エスエス製薬株式会社)、小林憲史(テテマーチ株式会社)
モデレーター:三島悠太(テテマーチ株式会社)